HOME > JICAミンダナオ草の根技術協力

プロジェクト終了のご報告

2014.10.28

すっかりご報告が遅れてしまいましたが、2011年9月に開始した本プロジェクトも、数々の試練を乗り越え、2014年8月に無事終了となりました。この場を借りて関係者の皆様に厚く御礼申し上げます。また、報告会にご参加いただいた皆様、ブログを読んでくださった皆様にも心から感謝いたします。

プロジェクトのクロージングは、7月にフィリピン・セブにて、その翌週の8月にパートナーマイクロファイナンス機関のCEOとコンサルタントを招待して東京にて、計2回のイベントにて締めくくられました。7月29〜31日に開催したセブでのクロージングコンファレンスでは、3年間のプロジェクトを振り返り、農業マイクロファイナンス、金融リテラシー研修、社会的パフォーマンス経営のそれぞれのコンポーネント毎に、課題や困難であったこと、そしてその問題解決のための対応策について、パートナーマイクロファイナンス機関の参加者全員で共有する時間としました。

プロジェクト目標の多くは無事に達成でき、農業マイクロファイナンス商品開発については、合計600名以上の零細農民に新しい商品が届けることができ、総計で700万円以上の預金を増加させることができました。また、嬉しい結果として、1日の延滞債権率がMilamdecでは4.02%、BCSでは0.99%と、財務的に健全であるといえる30日の延滞債権率の国際基準の5%を大きく下回る結果を得ることができました。本プロジェクトが開発した商品が、零細農民の需要に合った使いやすいものであったと同時に、MFI側からみても高返済率を確保できる安心な商品であったことを嬉しく思います。

金融リテラシー研修に関しては合計で188名のMFI職員が金融リテラシー研修を実施できるようになり、1,877名の零細農民に対して研修が行われました。そのほとんどの受講者が、研修の結果に満足し、金融リテラシーが向上したと感じると答えてくれました。

クロージングコンファレンスには、金融リテラシー研修を受け、かつ農業マイクロファイナンス商品を利用している顧客を招待し、彼らの経験を共有していただく時間を持ちました。フィリピンらしい笑いに溢れた賑やかな雰囲気の中、金融リテラシー研修を受けた後どういったことが変わったか、農業マイクロファイナス商品をどのように利用しているかといった色とりどりの話を聞かせていただきました。中でも印象的だったのは、BCSの顧客の一人、Ryan Joseさんが次のようなコメントを寄せてくださったことです。「(農業マイクロファイナンス商品が開発される)以前は、必要な肥料を買うのにトレーダーからお金を借りていました。ですがトレーダーから借りる融資は利子がとても高く、借りたお金を倍にして返さなければいけませんでした。結局トレーダーにお金を返すために他の貸金業者からお金を借りなければならず、生活はとても大変でした。しかし今は、BCSが担保を持たなくても低い利子で肥料を買うお金を貸してくれるようになったため、トレーダーの良いようにお米が買い叩かれることもなくなり、ようやく今、『収穫したお米は自分のものだ』と感じることができるようになりました。(“Now I own the crops I harvested”)」彼ら農民の日々の大変な暮らしに、少しでもよい効果をもたらすことができたことは幸いです。

コンファレンスの最後は全員で、このプロジェクトを踏まえた次のステップを話し合い、全てのパートナーMFIが、農業マイクロファイナンス商品、金融リテラシー研修、社会的パフォーマンス経営の全てのコンポーネントを継続して実施していくことを表明しました。

セブでのコンファレンスの後、時間を置かずにMilamdecとCBCそれぞれの代表のSevillanoさんとCarismaさん、そしてプラネットファイナンスの国際コンサルタントであるHinaさんと共に東京に行き、8月3日に青山のこどもの城にてプロジェクトの最終報告会を開催しました。プロジェクトの報告に加え、Hinaさんによるプラネットファイナンスの金融リテラシーアプローチを紹介するワークショップ、MFI代表の2人を交えたパネルディスカッションと、盛りだくさんの内容となりました。酷暑の中、開発コンサルタントやNGO職員、銀行員や学生さんなど多くの方にご参加いただきました。また、埼玉大学教授・CGAP経営委員の辻一人先生に報告会のご講評をいただきました。

3年間のプロジェクトを通して、達成できたことと同時に多くの教訓を得ることとなりました。本ブログの中や定期的に開催した報告会の中でもご共有させていただきましたが、マイクロファイナンスは貧困削減のツールとしてまだまだ理想の形には程遠く、今後も継続的かつ真摯な改善・改良の努力が必要とされます。プラネットファイナンスジャパンは、本プロジェクトで得られた教訓を活かし、今後も日本発のマイクロファイナンスを用いた開発支援を行っていきます。このブログが少しでも皆様がマイクロファイナンスにご興味を持たれるきっかけとなっていれば幸いです。

AMF商品改良ワークショップ(2回目)

2014.06.05

昨年秋より実施していた2回目の農業マイクロファイナンス(AMF)商品パイロットテストの終了を受けて、31921日の3日間でMilamdecBCSの2つのマイクロファイナンス機関(MFI)を対象にAMF商品改良ワークショップを行いました。(CBC現在1回目のパイロットテスト中。)ワークショップは各MFIからのパイロットテスト結果の報告から始まり、カウンターパートMMCによるモニタリング報告、そしてプラネットファイナンスのコンサルタントによるフィードバックをもとにオペレーションプランニングを行い、最後にマニュアルの最終的な改良を行うというプロセスで進みました。

本ワークショップを開催した319日時点で、MilamdecBCSの両機関ともプロジェクト目標であるアウトリーチ(AMF商品を利用する零細農民の数)拡大の達成状況はいまだ4060%程度でした。ワークショップでは、残りのプロジェクト期間で確実にターゲットを達成できるよう、徹底した課題の洗い出しを行いました。具体的にMFI側から発言された“課題”としては、異常気象により田植えの時期が遅れていること(AMFローンは農業サイクルに合わせて支払い、回収を行うため、田植えの時期が遅れるとローンの支払い時期も遅れる)、MFIが本パイロットテストのための財源を確保することに資金繰りの面で失敗したこと、ローンの審査に必要な農業技術者の新規採用が遅れたこと等が挙げられました。

上記の“課題“はMFIのマネジメントの問題と言い換えることもでき、課題解決のためには前提としてトップマネジメントからのより強いコミットメントが求められます。より強いコミットメントを確認するために、次回のパイロットテスト計画書(ワークプラン)完成後、MFICEO、エリアマネージャーとプラネットファイナンスのプロジェクトマネージャー間で計画書への署名式を行いました。一方、プロジェクトサイドからの課題としては、やはりミンダナオ地域への渡航制限のため、プラネットファイナンスコンサルタントによる現地でのモニタリング活動が一切できていないことです。ここでいうモニタリングとは、経過を観察するだけでなく、課題を発見したのち解決のためその場でコンサルテーションを行うことを意味します。現在唯一現場でのモニタリングを行っているMMCに対する技術指導を強化し、また緊密なコミュニケーションをとることにより遠隔でのモニタリングを成功させる必要があります。

その一方で、今回のワークショップで確認できた良い点は、1日以内の延滞債権率(PAR1)がMilamdecでは1.7%BCSでは3.7%と極めて低く、AMF商品は零細農民の需要にしっかりと答えられているということでした。参加したMFIからも「商品自体は非常に良いものができた。あとはオペレーションにいかにうまく組み込むかだ」という意見が聞かれました。3回目のパイロットテストでは確実にプロジェクト目標を達成できるよう、モニタリング体制を強化していきます。

ファシリテーション&起業家育成トレーニング

2014.05.16

3年間の本プロジェクトも残すところ3ヶ月余りとなり、ついに終わりが見えてきました。現在プラネットファイナンスのプロジェクトチームは、各マイクロファイナンス機関(MFI)に実施した技術支援の経過を観察しながら、必要に応じ追加的支援を行っています。一連のフォローアップの一環として、51216日にTraining of Trainers’ Course: Enhancing Facilitation Skills & Building Entrepreneurial Competencyと題し、MFIの実務に必要なファシリテーション技術のさらなる向上と、起業家としての能力強化を目的とした、5日間のトレーニングを実施しました。

MFIの顧客は多くの場合MSMEs (micro, small to medium size enterprises)、つまり零細・小・中規模事業者です。彼らが貧困から抜け出ることをミッションとしているMFIは、融資や貯蓄等の金融サービスを届けるだけでなく、本プロジェクトでも実施しているような、融資を受けたあとそのお金をどのように使うかといった理解を深めるための金融リテラシートレーニングのように、非金融サービスを提供することがよくあります。従ってMFIの職員として、事業家・起業家についての理解を深め、顧客の経済的な成功を支えることは非常に重要です。

それと同時に、MFIという組織に雇用されている参加者自身も、Entrepreneurship(起業家精神)を強化することで、積極的にリスクを取り新しい価値を生み出すことによって、組織の成功に寄与することができます。参加者からは、トレーニングで得た起業家についての知識を元に、金融リテラシーのモジュールに改善を加えたい、といった積極的な嬉しい意見をいただきました。

理想的なトレーナーの資質をコラージュを使って表現する

金融リテラシー講師養成研修 モニタリング&評価ワークショップ

2014.04.21

 324日〜26日の3日間で、金融リテラシートレーニングの実施状況を確認するモニタリングと評価のワークショップを実施しました。昨年12月に金融リテラシー講師養成研修を開催して以降、各マイクロファイナンス機関(MFI)ではそれぞれの地域のニーズに合わせてモジュールをカスタマイズし、トレーニングガイドラインを作り上げてきました。その後早速、完成したモジュールを用いて実際の顧客に向けてトレーニングを開始してきましたが、開始から3ヶ月程が経過し、様々な課題が見えてきました。本ワークショップでは、トレーニングの進捗を確認した後、実践の中で発生した課題を他のMFIと共有し、解決策を模索しました。

本ワークショップ開催時点で、3つのMFI合計で約500人の零細農民にトレーニングが行われ、ほぼ100%の参加者が講師のパフォーマンスに満足したという結果が得られました。数値の面では順調な進捗が見られた一方、トレーニングを実践する中で見えてきた課題として、参加者が予定しているより多くトレーニングに来てしまった、遅刻者が多く進行に差しさわりがあった、といった問題と同時に、MFIのスタッフの説明が分かりにくく参加者が混乱してしまった、Experienced-Based Training (EBT)サイクル(129日金融リテラシー講師養成研修ブログ記事ご参照)を上手くフォローできなかった、といった、講師側の課題が見えてきました。

そこでワークショップの後半では、EBTサイクルについての振り返りを行った後、ロールプレイを通じて、トレーニングとファシリテーションのスキルについて参加者全員を個別にスコアリングし評価しました。プロジェクトチームからのフィードバックは、1対1の面談形式で行い、それぞれの参加者の強みと弱みを直接コーチングする方法を取りました。

多くの参加者は、よりよいトレーニングを顧客に提供したいというモチベーションが非常に高く、熱気のあるワークショップになりました。

金融リテラシー講師養成研修 モニタリング&評価ワークショップ

2014.03.26

324日〜26日の3日間で、金融リテラシートレーニングの実施状況を確認するモニタリングと評価のワークショップを実施しました。昨年12月に金融リテラシー講師養成研修を開催して以降、各マイクロファイナンス機関(MFI)ではそれぞれの地域のニーズに合わせてモジュールをカスタマイズし、トレーニングガイドラインを作り上げてきました。その後早速、完成したモジュールを用いて実際の顧客に向けてトレーニングを開始してきましたが、開始から3ヶ月程が経過し、様々な課題が見えてきました。本ワークショップでは、トレーニングの進捗を確認した後、実践の中で発生した課題を他のMFIと共有し、解決策を模索しました。

本ワークショップ開催時点で、3つのMFI合計で約500人の零細農民にトレーニングが行われ、ほぼ100%の参加者が講師のパフォーマンスに満足したという結果が得られました。数値の面では順調な進捗が見られた一方、トレーニングを実践する中で見えてきた課題として、参加者が予定しているより多くトレーニングに来てしまった、遅刻者が多く進行に差しさわりがあった、といった問題と同時に、MFIのスタッフの説明が分かりにくく参加者が混乱してしまった、Experienced-Based Training (EBT)サイクル(129日金融リテラシー講師養成研修ブログ記事ご参照)を上手くフォローできなかった、といった、講師側の課題が見えてきました。

そこでワークショップの後半では、EBTサイクルについての振り返りを行った後、ロールプレイを通じて、トレーニングとファシリテーションのスキルについて参加者全員を個別にスコアリングし評価しました。プロジェクトチームからのフィードバックは、1対1の面談形式で行い、それぞれの参加者の強みと弱みを直接コーチングする方法を取りました。

多くの参加者は、よりよいトレーニングを顧客に提供したいというモチベーションが非常に高く、熱気のあるワークショップになりました。

ファシリテーション技術に関する1対1でのフィードバックと評価

金融リテラシー講師養成研修 モニタリング&評価ワークショップ

2014.03.26

324日〜26日の3日間で、金融リテラシートレーニングの実施状況を確認するモニタリングと評価のワークショップを実施しました。昨年12月に金融リテラシー講師養成研修を開催して以降、各マイクロファイナンス機関(MFI)ではそれぞれの地域のニーズに合わせてモジュールをカスタマイズし、トレーニングガイドラインを作り上げてきました。その後早速、完成したモジュールを用いて実際の顧客に向けてトレーニングを開始してきましたが、開始から3ヶ月程が経過し、様々な課題が見えてきました。本ワークショップでは、トレーニングの進捗を確認した後、実践の中で発生した課題を他のMFIと共有し、解決策を模索しました。

本ワークショップ開催時点で、3つのMFI合計で約500人の零細農民にトレーニングが行われ、ほぼ100%の参加者が講師のパフォーマンスに満足したという結果が得られました。数値の面では順調な進捗が見られた一方、トレーニングを実践する中で見えてきた課題として、参加者が予定しているより多くトレーニングに来てしまった、遅刻者が多く進行に差しさわりがあった、といった問題と同時に、MFIのスタッフの説明が分かりにくく参加者が混乱してしまった、Experienced-Based Training (EBT)サイクル(129日金融リテラシー講師養成研修ブログ記事ご参照)を上手くフォローできなかった、といった、講師側の課題が見えてきました。

EBTサイクルをレビューするためのゲーム

そこでワークショップの後半では、EBTサイクルについての振り返りを行った後、ロールプレイを通じて、トレーニングとファシリテーションのスキルについて参加者全員を個別にスコアリングし評価しました。プロジェクトチームからのフィードバックは、1対1の面談形式で行い、それぞれの参加者の強みと弱みを直接コーチングする方法を取りました。

多くの参加者は、よりよいトレーニングを顧客に提供したいというモチベーションが非常に高く、熱気のあるワークショップになりました。

ファシリテーション技術について1対1でのフィードバックと評価

農業マイクロファイナンス パイロットテストモニタリング

2014.03.13

ミンダナオ地域のセキュリティ状況の悪化に伴い、プロジェクトモニタリングは現在ダバオ在住のカウンターパートMMCのスタッフが単独で行い、マニラからプラネットファイナンススタッフが遠隔で支援する体制をとっています。農業マイクロファイナンス商品導入のモニタリングでは、毎月定期的にMFIの本部そして支店を訪問し、MFI職員へのインタビュー、商品の申込用紙、審査書類等のランダムチェック、そして顧客へのインタビューを通して、開発した商品が本当に零細農民の需要に合致しているか、そしてMFIの内部でその商品の取扱いに関するオペレーションがうまくいっているかを細やかに確認しています。

プロジェクトの農業マイクロファイナンスコンポーネントでは、昨年10月に実施した農業マイクロファイナンス商品改良ワークショップの結果を受けて、現在2回目のパイロットテストを行っています。1つのパートナーMFIの活動エリアを例に挙げると、例年10月から3月が米の栽培シーズンになっており、3月現在はちょうど収穫の時期となっています。本プロジェクトで開発された農業マイクロファイナンス商品は、収穫の時期、つまり現金収入のある時期にローンの支払を行えるようになっており、現在はちょうど最終のローンの回収が行われているところです。この2回目のパイロットテスト終了後に得られる顧客数、延滞債権率、強制預金総額等のデータによって、商品開発達成度を検討し、残りのプロジェクト期間で調整を行っていくことになります。

2013年7月以降のプロジェクト状況について

2013.12.19

ご無沙汰しております。プロジェクトマネージャーの松浦です。すっかり更新が滞ってしまいましたが、まず、現在のプロジェクト状況についてご報告させていただきます。

本年7月頃より、本プロジェクト事業地であるミンダナオの治安状況が著しく悪化しはじめました。モロイスラム解放戦線(MILF)とフィリピン政府との和平交渉が進められていることは日本でも大きく報じられましたが、その交渉に際し、利害関係が生じる他複数の武装勢力によるテロによるものとも言われています。ミンダナオ北西部ザンボアンガにて、モロ民族解放戦線(MNLF)が住民数百人を人質にとり、武装制圧を試みたことはまだ記憶に新しい方も多いと思われます。そのような状況下で、本プロジェクトのドナーであるJICAから、本プロジェクトメンバーである日本人職員及びフィリピン人コンサルタントのミンダナオ地域への渡航制限がかかるようになり、12月の現在も引き続き現地で活動を行うことができない状況にあります。

プロジェクトチームは、7月、8月と現地の治安が改善されることを期待し、プラネットファイナンス東南アジアのオフィスがあるマニラにて待機し情報収集を行っていました。しかし、9月のザンボアンガの非常事態が発生したことを確認し、今後少なくとも数ヶ月はミンダナオ地域での活動は不可能であると判断し、代替案として主なトレーニングやワークショップをミンダナオからの距離が比較的近いセブ島にて開催することをJICAと相談し手続きを進めてきました。農業マイクロファイナンスの2回目のパイロットテスト開始までの限られた時間のなか、関係者の皆様に多大なご尽力を頂き、10月よりセブにてトレーニングを再開することができました。

ところが、再開直後の1015日、AMF商品改善ワークショップ中にボホール沖地震が発生、会場であった対岸のセブでも大きな揺れがありました。直後から絶え間なく余震が続く中、17日より安全なホテルに全員で移動し、無事に最後までワークショップを終了させることができました。その後11月に予定していた活動は余震影響のため急遽マニラで開催することとし、ミンダナオの参加者を全員マニラに呼び無事に活動を終了しました。12月には余震が落ち着いているとの情報を受け、再びセブへと会場を変更しています。

治安状況から自然災害と外部リスクに大きく左右された本年後半でしたが、ドナーであるJICAの柔軟かつ迅速なご対応、そして各パートナーMFIの継続的な強いコミットメントのおかげで、どうにか計画通り事業を進めることが出来ています。関係者の皆様にはこの場を借りて篤く御礼申し上げます。

また、本プロジェクトの事業地に直接の影響はありませんでしたが、118日にレイテ州タクロバンを中心に台風30号(フィリピン名:ヨランダ)が猛威を奮い、1万人近くの方が亡くなりいまだ数百万人が避難を続けています。今回複数の災害、そして治安の問題が発生し圧倒的な影響を受け続ける人々のそばにいて改めて感じたことは、貧困層そして貧困社会の絶対的な脆弱性です。マイクロファイナンスは貧困緩和の道具の一つにしかすぎませんが、それでもこの道具を使ってできることは確かにあると感じています。本プロジェクト残り8ヶ月、可能な限りのインパクトを追求しチーム一同尽力していきます。

金融リテラシー講師養成トレーニング

2013.12.09

12913日の5日間で、MilamdecBCSCBCのパートナーMFIに対し、金融リテラシー講師養成トレーニング (Financial Literacy Training of Trainers: TOT) を実施しました。本トレーニングはもともと8月頃から各MFIにてそれぞれ実施することが予定されていたものですが、治安の問題のため12月にセブにて、3MFI合同で実施する運びとなりました。

本プロジェクトの金融リテラシーコンポーネントは、プロジェクト内で直接顧客にトレーニングを実施するのではなく、MFIの人事・トレーニング担当者や支店マネージャー等に対して「トレーニングのやり方をトレーニングする」ことによって、本トレーニング参加者が各MFIに戻った後、本人(あるいは、更に現場で働くローンオフィサー等にトレーニングを行った後、彼ら)が顧客に対してトレーニングを提供する、と言うアプローチを取ることにより、効果的に金融リテラシートレーニングが顧客へ提供されることを期待しています。 

Experienced-Based Training Cycle

TOTは、アダルトラーニングの手法と、金融リテラシーの二本立てになっています。前半のアダルトラーニング手法では、後にトレーナーとなる参加者に対して、アダルトラーニングの基本的な考え方を伝えます。子どもに教育を行うことと、すでに知識・経験のある大人に対してトレーニングを行うことの違いに注目し、Experienced-Based Training Cycle(上図ご参考)を紹介し、各MFIのトレーニングにおいても取り入れることを奨励しました。 

また、後半ではニーズ調査を踏まえてプラネットファイナンスが作成した金融リテラシーモジュールを用い、夢の達成のためにどのようなお金の扱い方をすべきなのか、収入と支出、貯蓄、保険、借入といったトピックに沿ってトレーニングを実施しました。

今後、参加者は本トレーニングで得た知識とプラネットファイナンスが提供したマザーモジュールを基に、各MFIのコンテクストに合わせてトレーニングガイドラインを作成します。そのガイドラインを基に、実際にスタッフが現場に入り、顧客に対し金融リテラシートレーニングを行っていくという流れになっています。プラネットファイナンスは今後、ガイドライン作成のサポート及びモニタリングを中心に活動していきます。

SPMコンシャスネスウィーク

2013.11.11

111115日の5日間に、MilamdecBCSCBCの全てのパートナーMFIからそれぞれマネジメント層をマニラに招聘し、SPMコンシャスネスウィークと題したSPMワークショップを実施しました。このワークショップは、これまでの2年間で行ってきた様々なSPM関連の活動を振り返り、全体的に俯瞰することで、もう一度SPMを各MFIのオペレーションに組み込む作業を見直すことを目的としています。

ワークショップは各MFISPM関連活動のアップデートの報告から始まりました。また、ワークショップのなかでSmart Campaign Client Protection Principles and PracticesSocial Performance TaskforceSocial Performance Universal Standardの紹介を行い、国際的な動向についてのインプットを行いました。その後、昨年実施したSPMストラテジックプランニングワークショップにて作成したバランススコアカードを振り返り、それぞれの項目の達成度を評価し、今後の戦略についての議論が行われました。議論の中ではプラネットファイナンスが今後プロジェクト終了後までに提供可能なトレーニングやワークショップ、情報システム強化等の技術支援も考慮され、改めてSPMについての組織としての戦略が見直される機会となりました。

 

 

プロジェクト
  • 2014.10.28プロジェクト終了のご報告more
  • 2014.06.05AMF商品改良ワークショップ(2回目)more
  • 2014.05.16ファシリテーション&起業家育成トレーニングmore
  • 2014.04.21金融リテラシー講師養成研修 モニタリング&評価ワークショップmore
  • 2014.03.26金融リテラシー講師養成研修 モニタリング&評価ワークショップmore
  • 2014.03.26金融リテラシー講師養成研修 モニタリング&評価ワークショップmore
  • 2014.03.13農業マイクロファイナンス パイロットテストモニタリングmore
  • 2013.12.192013年7月以降のプロジェクト状況についてmore
  • 2013.12.09金融リテラシー講師養成トレーニングmore
  • 2013.11.11SPMコンシャスネスウィークmore
  • 2013.10.14AMF商品改善ワークショップmore
  • 2013.10.07リスクマネジマント&ガバナンストレーニングmore
  • 2013.09.24ミンダナオにおける零細農民の金融アクセス改善プロジェクト第3回活動... more
  • 2013.09.24ミンダナオにおける零細農民の金融アクセス改善プロジェクト第3回活動... more
  • 2013.09.15マイクロファイナンスベストプラクティスフォーラム2013more
  • 2013.06.20クレジット評価トレーニングmore
  • 2013.05.30金融リテラシーモジュールパイロットテストmore
  • 2013.05.03プロジェクトマネージャー交代のお知らせmore
  • 2013.03.18農業マイクロファイナンス商品開発ワークショップmore
  • 2013.01.30マイクロファイナンスセミナー「マイクロファイナンスを仕事にする」開... more
  • 2012.11.26農業マイクロファイナンス マーケットリサーチmore
  • 2012.10.05プロジェクトについて③-2 (社会的パフォーマンス経営)more
  • 2012.09.03「マイクロファイナンス機関の社会性と財務持続性の両立への挑戦」セミ... more
  • 2012.06.06SPM Introductory Strategic Worksh... more
  • 2012.05.17プロジェクトについて③‐1 (社会的パフォーマンス経営)more
  • 2012.05.17プロジェクトについて②-2(金融リテラシートレーニング)more
  • 2012.02.08プロジェクトについて②-1(金融リテラシートレーニング)more
  • 2012.02.02パートナーMFI決定more
  • 2012.01.24第1回プロジェクト報告会(質疑応答)more
  • 2012.01.16第1回プロジェクト報告会more
  • 2011.12.21ミンダナオ台風被害more
  • 2011.12.07ローチングセレモニーmore
  • 2011.11.25プロジェクトチーム紹介!more
  • 2011.11.16「プロジェクトについて①‐2(農業マイクロファイナンス)」「プロジ... more
  • 2011.11.09「プロジェクトについて①-1(農業マイクロファイナンス)」more
  • 2011.10.25「社会事業コンファレンス」more
  • 2011.10.14「プロジェクト説明会の開催」more

Page Top