News/Events

HOME > news&event > 「フランスお返しプロジェクト」にフランス財団が支援を決定

「フランスお返しプロジェクト」にフランス財団が支援を決定

2011.10.31

プラネットファイナンスジャパンはこの度、フランスの公的財団であるフランス財団(Fondation de France)により20万ユーロの助成を受け、東日本大震災で壊滅的な被害を受けた三陸のカキ産地の支援プロジェクト「フランスお返しプロジェクト」の支援を本格展開致します。

生ガキを楽しむフランスでは、日本と同様にカキの養殖が盛んです。しかし、1960〜70年代に疫病がはやり、カキが絶滅に瀕する被害を受けました。その際に三陸のカキが持ち込まれ、フランスのカキ養殖業を救ったという歴史があります。その恩返しの意味を込めて、今年7月にフランスの漁具メーカー「Mulot」やフランス最大手の運送会社「SDV」、フランスのカキ産地の養殖組合や商工会議所が参加し、ブイやロープなど養殖に必要な約12トンの資材をフランスから空輸し、被災した養殖・漁業関係者に手渡しました。この活動がフランス政府及びフランス財団からも注目され、この度20万ユーロの公式な支援に繋がりました。

本プロジェクトはプラネットファイナンスが全体コーディネーションを行い、三陸の牡蠣生産者を支援する「復興かきオーナー制度」を運営する株式会社アイリンク(本社:仙台市)と日本オイスター協会が三陸で被災した生産者のニーズを把握し、それに基づいて、牡蠣養殖業の復興に必要な資材等の調達を行います。Mulot社とSDV社は引き続きパートナー企業として資材の提供や輸送時の協力を行います。

日仏二国間の友好的なパートナーシップのもと、一日も早い三陸の牡蠣養殖産業の復興に向けて、プラネットファイナンス、フランス政府・財団及び日仏の民間企業が協力して取り組んで参ります。また、フランス財団からの助成金に加えて、フランス、ブルターニュ地方の商工会議所でも2万ユーロ以上の寄付が集まりました。プラネットファイナンスでも受付を行っておりますので、三陸の牡蠣養殖産業の復興のために温かいご寄付をお待ちしております。

この資材はフランスの漁具製造大手のMulot社が提供し、被災地までの輸送はフランスの大手物流会社のSDV社が担いました。プラネットファイナンスジャパンは、限られた時間の中でフランスの支援の手と現地のニーズを繋げ、必要な物資を適切なタイミングで被災牡蠣業者の方々の手に届けることができました。

franceokaeshi
NEWS & EVENT
  • 2017.02.13JICA草の根技術協力事業(フィリピン)報告会のご案内more
  • 2016.12.08三陸復興トモダチ基金支援先梅村マルティナ気仙沼FSアトリエ 株式会... more
  • 2016.08.30法人名の変更について 新社名 ポジティブプラネットジャパンmore
  • 2016.08.18【募集終了しました】スタッフ募集:プログラムオフィサー (フルタイ... more
  • 2016.06.15J.P.モルガンとの協賛による「東北スモールビジネス振興プログラム... more
  • 2016.05.16「メットライフ財団復興事業みらい基金」創設のご報告more
  • 2014.10.31【告知】11月24日(月)「マイクロファイナンス体験ワークショップ... more
  • 2014.08.25【告知】NGOの為のマイクロファイナンス運営基礎ワークショップmore
  • 2014.07.04【告知】JICA後援!8月3日(日)13:30〜マイクロファイナン... more
  • 2014.03.03東北復興支援 新規創業支援先「KUMIKIプロジェクト」にユニクロ... more

Page Top